2005年03月27日

Symphomovieチュートリアル その4

MR1300 Symphomovieでビデオ編集 トップへ



エプソンダイレクトEDiCubeSymphomovieビデオ編集






Symphomovieチュートリアル その4

 


※画像をクリックすると拡大画面が表示されます。





今回はシーンの切り替わりにトランジションを設定します。





 ●トランジションの挿入



1.滝のシーンと池のシーンが重なっている部分を表示します。



2.重なっている3マス部分のTRトラックをダブルクリックします。



22.TRトラッククリック.jpg


重なっている部分のTRトラックをDクリック





3.トランジションの選択画面が表示されます。



23.トランジション選択.jpg


選択画面。32種類のトランジションが選択できる





マウスを各トランジションの上に持っていくと動作確認ができます。



実際のクリップで動作確認ができるのでとてもわかり易いですね。



下にスクロールして割り込みワイプを選択します。





4.プレビューしてみる



プレビューしてみると滝のシーンの右上から池のシーンが現れて

くる様子が確認できます。



24.割り込みワイププレビュー.jpg








5.トランジションの設定



ちなみにトランジションはそれぞれいろんな設定をすることができます。

例えば割り込みワイプでは、境界線の太さや色、ぼかしなどの設定。

また、割り込む方向の設定や反転などがあります。



トランジションによって、共通な設定と独自の設定があります。





25.トランジション設定.jpg








さて、つづいて池のシーンと草のシーンの切替にも同様にトランジション

を設定します。こちらはクロックワイプを選択します。



クロックワイプは時計の秒針のようなイメージで画面が切り替わります。







次回はシーンに動きをつけるモーションの説明です。



posted by 3MHz管理人 at 16:50| Symphomovie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。