2005年03月16日

Symphomovieチュートリアル その3

MR1300 Symphomovieでビデオ編集 トップへ



エプソンダイレクトEDiCubeSymphomovieビデオ編集






Symphomovieチュートリアル その3

 


※画像をクリックすると拡大画面が表示されます。





今回はシーンのフェードイン、フェードアウトを設定します。





 ●プロジェクトを開く



1.前回までに保存したプロジェクトを開きます。



16.プロジェクト開く.jpg


サンプル.nveを選択して開く





すると前回までの保存内容が表示されます。



17.再開画面.jpg








●フェード効果をつける



最初のシーンが真っ白な画面からスムーズに表示される

ような効果をつけます。





1.フェーダーチェックボックス(トラックの右上のラジオボタン右側)

にチェックをつけるとクリップ下にフェーダーコントロールが

現れます。





18.フェーダーコントロール.jpg


フェーダーチェックボックスは青で選択されています。

もう一度チェックするとコントロールは非表示になります。





2.ラバーバンド(赤い線)に支点をつくります。



クリップの前から2マス目のラバーバンドをクリックして

支点を作り、一番左端の開始点を一番下までドラッグします。





19.フェードイン設定.jpg


ラバーバンドが開始点から支点までMINからMAXに

なるようにする





3.プレビューしてみる



シーン始めから2マス目までをプレビューすると真っ黒な画面から

次第にクリップの映像に切り替わる様子が分かります。





4.ホワイトインする



フェーダーの背景の色を変えます。フェーダーコントロールの

ラバーバンド以外の場所をクリックするとカラーパレットが

表示されますので、そのままドラッグにて色を選択します。





20.カラーパレット.jpg


ドラッグして白を選択する





ここで再度プレビューすると、今度は白い画面からシーンへの

切り替わりになっています。





5.ホワイトアウトする





続いて今度は最後のシーンをホワイトアウトさせてみます。

プロジェクトの一番最後のシーンを表示させてフェードイン同様

ラバーバンドに支点を作ります。(後ろから3マス目)





21.フェードアウト設定.jpg


後ろから3マス目に支点をつくり終点を一番下までドラッグします

背景色はフェードイン同様白に変更します





6.プレビューしてみる



ここでフェードアウトの状況をプレビューしますが、プレビューライン

はプロジェクトの先頭の方にありますね。



☆TIPS



こんなときはタイムライン(秒数などが表示されている所)を

クリックすればそこにプレビューラインが移動してきます。





今回の作業は5,6分といった所でしょうか。



次回は画面の切替に特殊効果(トランジション)を入れます。


posted by 3MHz管理人 at 11:44| Symphomovie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。