2005年03月03日

Symphomovieチュートリアル その1


MR1300 Symphomovieでビデオ編集 トップへ



エプソンダイレクトEDiCubeSymphomovieビデオ編集





Symphomovieチュートリアル その1

 


●クリップの配置とカット





MR1300に付属されているサンプル素材とチュートリアルの小冊子の内容を参考に実践して掲載します。



画像はサムネイルですのでクリックすると等倍画像が確認できます。



各用語については説明の流れで理解してください r(^^;)





1.Symphomovieを起動します。



01.初期画面.jpg

画像を編集する場合は「DV Edit」タブを選択します





2.クリップを配置します。



02.クリップ配置.jpg

サンプル素材の「夏休み.mpg」をV1トラックにドラッグ



このファイルは音声付ですのでA1に自動的に音声も配置されます。

クリップをタイムライン00:00にくっつけます。





3.プレビューしてみる



プレビュー画面の03_2.プレイボタン.jpg
ボタンで再生するか、クリップ上をドラッグ

すると選択箇所の映像が表示されます(この場合は音は出ません)



03.映像プレビュー.jpg





4.プロジェクトを保存する



編集の内容をプロジェクトというファイル形式で保存ができます。

これまでの内容は「夏休み.mpg」をトラックに配置したというプロ

ジェクト内容になりますね。



メニューのファイルからプロジェクト保存を選択します。



04.プロジェクト保存.jpg

サンプル.nveというプロジェクトファイルで保存します





プロジェクトを保存しておくと編集の途中で止めたくなってもまた後で

再開できるようになります。





5.タイムスケールの変更



通常長い時間のクリップだとトラックに最終画面を表示させるのに

かなり右の方までスクロールしないとならない状態な訳ですが、

タイムラインのスケールを変更することにより全体の映像を把握

しやすくなります。スケール部分

05_2.スケール.jpg
<-これ

をマウスでクリックして5secにします。(最初は1sec)

するとクリップの1カットが5秒の範囲で表示されます。



05.タイムスケールイメージ.jpg

一つのシーンが短く表示される



画面の赤い四画(上の方)をみてください。プロジェクト全体のうち

緑の枠が今、そのページで表示されている範囲になります。

3.の絵と比べると表示範囲(緑の枠)が広がっているのが確認

できます。

ナビゲーション画面といいます。クリップ配置の全体像イメージ

がみれるので便利です



逆にフレームごとに編集したい場合にはスケールをFrameにすれば

細かい単位で表示・編集が可能になります。



さて、クリップをカットしますのでスケールは1secに戻します。





6.クリップのカット(IN/OUT)



サンプルの最初の飛行機のシーンをカットします。



06_2.カットボタン.jpg
のボタンはクリップを選択箇所より後ろのみにする

(選択箇所より前部分をカットする)ボタンです。



選択し、クリップの飛行機のシーンと滝(?)のシーンの間で

マウスをクリックすると、前部分である飛行機のシーンはカットされ、

消去されます。
滝の最初のフレームがIN点となります。



※実データの消去はされません。プロジェクトデータの中での消去

になります。



※このようなシーンとシーンのつなぎ目を正確に捕らえる場合など

はタイムスケールはFrameの方がいいかもしれません。





07.クリップカットイメージ.jpg

前シーンがカットされたところ





続いてクリップの最終シーンもカットしてみます。

最終シーンに切替わる部分まで画面を横スクロールします。

最終シーンはお寺(?)のシーンです。



08.クリップカットボタン後ろ.jpg

最終シーンまでスクロールした画面



スクロールですが、長いクリップ(長いプロジェクト)だと大変です。

上の画面の矢印の部分をドラッグすることでも可能です。

こちらの方がスムーズにスクロールできます。

まぁこの辺は好みですが(笑)



そうしたら今度は
08_2.カットボタン後ろ.jpg
のボタンを選択し川のシーンとお寺の

シーンの間をクリックします。
川のシーン最終フレームをOUT点とします



09.クリップカットイメージ後ろ.jpg

お寺のシーンがカットされます。







ふぅ、今回はこのヘンで。文章で説明するとかなり長いですが、

ここまでの実作業は5分もかかりませんよ。



次回はクリップの分割と複数のトラックへの配置



を説明しまーす。

posted by 3MHz管理人 at 23:10| Symphomovie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。